• トップ /
  • 工業施設での排水処理です

工業排水処理について

工業施設での排水処理です

工業では排水処理が重要です

工業化社会においては、製造工程で不要なものが発生してくることが避けられません。たとえば、汚れた水が出てくることが必ず起こります。つまり、排水処理が必須のものとなってきます。工業生産で発生する排水の種類と排水の基準によって、それぞれ処理すべき方法が異なっています。生産工場や一般家庭からの排水を見てみますと、その中には、さまざまな物質が含まれていることが通例です。だからこそ、排水基準を順守した排水処理を導入して、下水施設に流していくことが大事になってきます。工業施設では排水基準が法令で定められています。それを順守した上で、正確な排水処理施設の導入を図ることが大切です。実際に、排水に含まれている汚濁物質を調べてみますと、窒素やリンなどの栄養素、あるいは、重金属やシアンなどの有害物質や病原性微生物などがあります。工業施設で排水の処理をする技術には、物理化学的方法と生物学的方法とがあります。物理化学的方法というのは、ろ過や吸着などといった物理的作用や化学反応による処理方法のことを指します。片や、生物学的方法とは、微生物の働きを使用した代謝反応による処理方法があります。現実の工場に導入されている排水処理方法は、排水に含まれている成分の中身を見て、その種類やサイズなどから判断して、複数の方法を組み合せることで処理を行っていくのが一般的です。

工業の良い情報

↑PAGE TOP

Menu