• トップ /
  • 工業施設の排水処理の特徴

工業排水の汚染と対策

工業施設の排水処理の特徴

工業施設における排水処理

工業施設から排出される水には様々な物質が含まれているため排出するためには排水処理を行うことが必要です。一般的に家庭や工場から排出される排水は、そのまま河川に流出させることができません。排水処理を行う含有物質が基準値以下になるように調整してから排出するという特徴が存在します。特に工業施設から排出される排水には、重金属やシアンなど人体に悪影響を及ぼす物質が含まれていることがあります。一般的な排水には有機物や様々な固形物、窒素・リンなどの栄養素の他に病原性微生物が含まれる場合が多く見られます。これらの物質がそのまま排出されると河川を汚濁し、生態系に大きな影響を与えます。排水処理の技術には物理学や化学に基づくものと生物学的方法が存在し、それぞれに特徴が異なります。物理学や化学に基づくものは重力やろ過、吸着により浄化するという特徴が存在します。生物学的方法では微生物の代謝反応が活用されます。実際の排水処理は含有物質の種類や量などにより、複数の方法を組み合わせて行います。また汚濁物質は消失するわけではなく、汚泥という形で排出されることになります。工業施設などから排出される排水に対する様々な処理を行う施設は、浄水場や水処理プラントと呼ばれています。

工業の良い情報

↑PAGE TOP

Menu